人によって太りやすい部位というのは違うと思いますが、わたしの場合は全体のバランスから言って二の腕がかなり太りやすいようで、それがずっとコンプレックスでしたね。

20代の頃にかなり痩せた時期があったのですが、それでもやはり二の腕だけは太く、「なんとか二の腕痩せしたい!」と強く思いました。

そこで私は二の腕痩せエクササイズを色々と調べていくつか実践していました。

私が効果があったと感じたのは、まずはダンベルを持ち、後ろ側に伸ばすというエクササイズです。二の腕の後ろ、いわゆる「振り袖」部分にかなり効果があると感じました。

そしてもう一つは、エクササイズチューブを短めに持って頭上に伸ばし、そのまま腕を曲げていくというもの。腕を曲げたらチューブは頭の後ろに来るようにします。

これは二の腕はもちろんですが、背中痩せにも効果があると感じました。

あとは定番の筋トレですが、腕立て伏せですね。これはバストアップにも効果的です。

これらのエクササイズを続けていたら、筋肉もついてかなり引き締まってきましたよ!今でも「ちょっと二の腕に贅肉がついてきたかな」と感じたら、これらのエクササイズを実践しています!

お腹というのは油断するとすぐ太ってしまうパーツですよね。

私も以前ポッコリお腹が気になって、ガンバって腹筋をして凹ませたことがあります。

その際にネットで徹底的に「正しい腹筋」について調べました。

非常にポピュラーな筋トレですが、だからこそ意外に間違ったやり方をしている人も多いらしいんですよね。

私自身もどうやら間違ったやり方を続けていたようです。

正しい腹筋というのは、まずは「脚を押さえない」ということが鉄則だそうです。

私は腹筋をする際にはベッドの下やテーブルの下などに足首をひっかけたり家族に押さえてもらったりしていたのですが、それでは腹筋にダイレクトに効かないんだそうです。

また、頭は上まで完全に持ち上げず、少しお腹をのぞき込むくらいでOKだそう。ゆっくりと行うと、確かに腹筋がプルプルして「効きそう!」と感じます。

この正しい腹筋を数か月続けたら、腹筋はペタンコ、そしてカチカチになりました!彼氏(現在の夫)にもやり方を教えたくらいですよ(笑)

今までに行ったダイエットで一番痩せたなと思ったのは、やはり「走る」ダイエットです。

外で走るのは天候に左右されるし人目があって恥ずかしいし…ということで、ジムのランニングマシーンで走っていたのですが、相当カロリーを消費する感じがしましたね。

私は毎回大体40分走っていました。最初はちょっとゆっくりめに早歩きし、段々スピードアップしていって数分後にはマックスの速さにし、そのまま速度を維持して走ったら最後はまた歩くペースまで落としてから終了…という流れでした。

定期的に走っていると、同じように走っていても調子のよいときとそうでないときの差があるのをすごく感じるんですよね。体調が良いときは1時間でも走れるような感じもしましたし、逆に調子が悪いときには足がもつれそうに感じ、ペースダウンしたりしていました。

でも、走る習慣をつけたことで、体脂肪も燃えてかなりスタイルは維持できましたし、代謝がアップしたのか太りにくい体質になれました。

今はなかなか走るのは難しいですが、今後も本気で痩せたいと思ったら確実に走るだろうなと思います!